この度、「怖い絵」展では様々な企業とコラボレーションし、本展限定オリジナルグッズを販売することになりました。詳細は随時、更新します。
「enherb(エンハーブ)」はカウンセリングをベースに、健康と美容のためのハーバルライフをご提案するハーブ専門店です。ハーブティーは目的に合わせたブレンドティーを常時30種取り揃えるほか、一人ひとりのお悩みや目的に合わせ、その方のためだけのオリジナルハーブティーもお作りしています。ブランド名の「エンハーブ」は“ハーブする”という意味という造語。日々のセルフケアとして気軽にハーブを取り入れて、健康的でより心豊かな毎日を過ごそうという想いを込めています。
atelier S.(アトリエエス)は、アロマ調香デザイナー・齋藤智子が主宰する、香りのデザイン工房。「記憶とつながり、心を揺さぶる」をコンセプトに、国内外でオリジナルアロマづくりやアロマ空間プロデュースを手がけています。上質な天然精油をブレンドして創作した「世界にただひとつの香り」で、企業やブランドのコミュニケーションをサポートします。
札幌グルメフーズは1989年創業。夕張メロンキャラメルやジンギスカンキャラメルなど北海道の原料にこだわる商品開発を続け、平成23年に黒い恋人黒豆とうきびチョコを発売。北海道らしいオリジナル商品として北海道全域で知れ渡る人気商品のひとつです。今回は展覧会コラボレーションパッケージで限定販売いたします。

TOP